えぐみなく苦味の少ない自家焙煎珈琲専門店

当店では雑味の少ないコーヒーを作る為、100種類以上の豆の中から選りすぐりのものを選び、痛んだ豆を選別し、直火焙煎機を使って状態の変化に合わせた排気、火力コントロールを行う事で豆のポテンシャルを高め、クリアーで味わい深いコーヒー豆のご提供をさせて頂いております。

 

煎りたて、挽きたて、淹れたてコーヒーを是非ご家庭でお楽しみ下さい♪

 


新着情報

2/22

LABO DRIPPER Ⅳ販売開始致しました

詳細は道具選びをご覧ください

 

2/1

ラボドリッパーⅢ販売開始致しました

詳細は道具選びをご覧ください

 

1/5

無事開店する事ができました

店内でもコーヒー飲料のご提供をさせて頂いておりますので、お気軽にお越しください

 

 

移転のご案内

1/5より関市山田119-1へ移転致します

今後とも宜しくお願い致します

 

年末年始休業のご案内

12/30~1/4まで休業致します

 

7/13(水)

水出しコーヒーボトルセット販売開始しました

 

5/7(土)

本当に美味しいアイスコーヒーの作り方

動画配信開始しました

 

11/27(金)

本当に美味しいコーヒーの作り方 ~フレンチプレス編~

動画配信開始しました

 

11/26(木)

本当に美味しいコーヒーの作り方 ~ドリップバッグ編~

動画配信開始しました

 

11/25(水)

本当に美味しいコーヒーの淹れ方 ~1杯出し編~

動画配信開始しました

 

11/22(日)

 コーヒーの美味しい淹れ方教室開催

11:00~12:00/14:00~15:00

 

11/20(金)・21(土)

 冬のコーヒーセール開催

 

10/1(木)

 コーヒーギフト販売開始


4月限定「ハルノハナ」販売開始

春香るブレンド「ハルノハナ」4月限定販売致します。

¥1400/200g

 

LABO DRIPPER Ⅳ

LABO DRIPPER Ⅳ販売開始致します。←クリックで購入画面へ移動します

 

今回は、カリタ・ウェーブフィルター185と、MICRO COFFEE DRIPPER(メッシュタイプ)の2WAY仕様となっており、屋内、屋外様々なシーンで活躍できるスグレモノです。

※DEMITA WALLMUG(黒)は別売です。

3,980円(税込)

LABODRIPPER Ⅳ使用動画になります

ラボドリッパーⅢ

誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れないものかと思案し続け、ついにラボドリッパーⅢが完成しました。

 

Φ0.9mmの穴を開けた3つのピンをカップの底に取り付ける事で、コーヒーの1杯出しに最適で安定した湯量を落とし続けるシャワー式ドリップポッドが実現しました。

 

カリタ・ウェーブフィルター155を使用し、少量抽出でも非常にクリーンで味わい深いペーパードリップコーヒーが堪能できます。

また、2台、3台同時抽出が可能な為、温度差と時間差がない状態でコーヒーの味の違いを比べる事も可能です。

 

詳細は道具選びを参照下さい。

動画で見るラボドリッパーⅢ

3,500円(税込)


美味しいコーヒーを作る為の基礎理論

1.豆選び

コーヒー豆を選ぶときにまず思うのが、何を買えば良いのだろう、という事です

銘柄やその豆の説明なんかを見てもはっきり言ってよく分らないと思います

 

まずは、そのお店の一番安価な豆を購入してみるのが良いと思います

それが雑味(えぐ味)を感じるコーヒーであれば、恐らく他のものも同様です

 

焙煎屋さんは料理屋さん同様、お店によってまるで味が異なります

美味しい(お好みの)コーヒー豆を手に入れるには、色々なお店のコーヒーを試す他ありません

2.挽き方

初めは豆を挽いてもらった方が無難です。

焙煎屋にある業務用のミルで挽いたものはバラツキが少ない為、安定した味を出す事ができるからです。

 

豆で購入するよりも香りが早く落ち、品質の劣化も大きいですが、手挽きミル等で挽いたバラツキの多い粉でコーヒーを淹れるより良いかと思います。

 

とはいえ、あくまでこれは豆が著しく劣化していない状態での話であります。また、コーヒーは飲むだけが楽しみというものでもありません。

ゆっくりと手で挽く時間、そこに立ちのぼる香ばしい匂いを楽しみたい場合は豆のままご購入頂くのが良いと思います。

 

また、良い電動ミルをお持ちであれば、豆のままで購入して頂くのが良いと思います。

挽いた豆に比べ香りの消失、味の劣化の速度が遅くなる為、長く鮮度の高いコーヒーを楽しむことができます。

 

良い電動ミルというのは、豆を挽いた際、粉のバラツキが少ないミルを指します。

詳しくは、別の項目でご紹介致します。

 

また、挽いた粉には必ず微粉と呼ばれる極小の粉が挽き目にもよりますが、中挽きで凡そ1割程度発生しますので、茶こし等で取り除く事をお勧めします。

味の劣化、ペーパーフィルターへの目詰まり等が解消され飲み易くなります。

 

当店では、挽き豆のご注文の場合、微粉を取り除いて販売しておりますのでそのままご使用頂けます。

 

3.淹れ方

 

ペーパードリップ等の透過法でコーヒーを淹れる場合、粉の中に含まれる湯量によって、出来上がるコーヒーの味が変わって来ます。

多すぎず、少なすぎず、適量のお湯を注ぐ事で味わい豊かなコーヒーに仕上がります。

ハンドピック

当店で販売しております珈琲豆は全て徹底的に選別し、雑味の元となる欠点豆を取り除いて販売しております。

 

欠点豆には「虫食い」「カビ」「未成熟」「欠け」「腐敗」「死豆」等があり、多い時は4割程出る事もあります