焙煎度合いについて

コーヒー豆の焙煎は、たった5秒違うだけでも味の変化を感じてしまいます。

とはいえ、物理的にそれ以上細かく刻むのは不可能ですし、そこまで細かく分割した表記をすると選ぶ側の方々にかえって混乱を招きます。

 

そこで、当店ではコーヒー豆の焙煎度合いを32段階に分割し煎り分けしております。

 

焙煎度合いは、細く分割する事で常に安定した味に仕上げる事ができ、それぞれの豆の最良の焙煎度合いを引き出すことができます。

 

温度計の増設や細かい火力調整や排気のコントロールをデータ収集していく事で、安定した細かい焙煎度合いを実現しています。

1ハゼ開始時
1ハゼ開始時
1ハゼ中
1ハゼ中
1ハゼ最大
1ハゼ最大
1ハゼ収まり
1ハゼ収まり
1ハゼ終わり
1ハゼ終わり
2ハゼ寸前
2ハゼ寸前
2ハゼ開始時
2ハゼ開始時
2ハゼ中
2ハゼ中
2ハゼ最大
2ハゼ最大
2ハゼ収まり
2ハゼ収まり